読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国ドラマ人気ランキングまとめ

韓国ドラマの人気ランキング、韓国ドラマの人気ドラマ、2016年の韓国ドラマ最新情報をまとめていきます。

チェオクの剣ネタバレ結末キャスト最終回

<スポンサードリンク>

韓国ドラマ「チェオクの剣」をご紹介。【補盗庁(ポドチョン=当時の警察)の茶母(タモ=役所の下働きの女性)チェオク(ハ・ジウォン)はその聡明さとずば抜けた武術の腕が認められ、犯罪事件の捜査で活躍していた。上司ファンボ・ユン(イ・ソジン)とは身分の違いはあるものの、兄妹同然に育ち、互いに思いを秘めた間柄。しかし、チェオクには幼い頃に生き別れた本当の兄がいた…。
『チェオクの剣』の原題は『茶母(タモ)』。主演は『バリでの出来事』『恋する神父』のハ・ジウォンに『火の鳥』のイ・ソジン、『アイルランド』『プラハの恋人』のキム・ミンジュン。豪華キャストが描く、社会現象にまでなった話題のドラマである】
「チェオクの剣」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料視聴情報をお届けします。

 

 

チェオクの剣 (教養・文化シリーズ―韓国ドラマ・ガイド)

目次

  

チェオクの剣 韓国ドラマあらすじ

舞台は17世紀の朝鮮王朝時代。
幼い頃に家族を失くし、捕盗庁(当時の警察)の「茶母(タモ)」(役所の下働きの女性)として下働きをするチェオク(ハ・ジウォン)。
彼女は、犯罪捜査の分野でも活躍していた。
そのチェオクが仕えるのが、地方長官の息子ファンボ・ユン(イ・ソジン)。二人は兄弟同然に育つ。
かたい絆で結ばれた二人だが、互いに秘めた想いを胸に抱きながらも、二人の間には決して越えることのできない身分の差という壁があった。
何故か二人は互いに心引かれていく。

 

 

 

 

 

 

チェオクの剣 登場人物 

・チャン・チェオク(장채옥/張彩玉) - ハ・ジウォン

 左補盗庁の茶母。お茶くみなどの下働きが本職だが、聡明さと武術の腕を買われ、事件捜査など刑事としても活躍する。武官の中でも仲間の一員として認識されている。

 もともと良家の生まれだが7歳の時に謀反の濡れ衣を着せられ一家離散、「ユン家」の官婢となり、兄弟同然に育つ。昔の名前は「チェヒ」だが「反逆者の娘」という生い立ちを隠すため名前を変え、補盗庁に来る。

ユンは上司だがユンの役に立ちたいという思いが強く、危険な行動を起こす。事件は解決するが・・・・・ユンにとっては頭痛の種。

盗賊団の頭領、ソンベクとは浅からぬ縁があり惹かれあってしまい斬ることが出来ずに悩む。最後はソンベクを追い詰め自ら志願してソンベクを斬るがようやく幼いころに別れた兄・チェムであることに気づき、

 

・ファンボ・ユン(황보윤/皇甫允) - イ・ソジン)

左補盗庁従事官。武術の達人で、忠義に厚く、かつ冷静沈着。部下に慕われる敏腕の武官。

地方長官の側室の子として生まれる。幼少の頃より多彩な才能に恵まれ、「強くなりたい」とのコンプレックスから武術を磨き、認められ従事官に抜擢される。

本当はチェオクに惹かれているが身分の違いから本心は打ち明けず、尊敬する上司の娘であるナニから熱烈な求婚を受け悩む。

 

・チャン・ソンベク(장성백/張城伯) - キム・ミンジュン

盗賊団の頭領。民の苦しみを思い民のための国を作ることを目指している。

武術の腕もあり、リーダーシップやカリスマ性を見込まれ若くして盗賊団の頭領を任される。敵対する補盗庁の茶母と知りながらチェオクと惹かれあっているが・・・・。

チェオクと同様に相手を斬ることができず、仲間からも批判の的になる。クーデター実行の直前になってタルピョンらと意見が対立、軍資金の砂金を生活費として仲間たちに配り、時機を待とうとするが、タルピョンが砂金を持ち逃げしてチェオクと砂金を人質に脱走を図り、追いかけてきたユンがタルピョンを斬った際にタルピョンが砂金を海にぶちまけてしまったため、逆上してユンを斬り、逃走する。やがて追い詰められ、チェオクの剣を奪い取って自決するが、最期に自分が生き別れた兄・チェムであることをチェオクに告げる。

 

・ペク・チュワン (백주완) - イ・ハヌイ

左捕盗庁部将。あまり腕のいい武官ではなく、上の者に媚び、下の者に乱暴なお調子者だが、本当は情に厚く、チェオクをかわいがり、チェクチらにも優しい一面を見せる。

 

・イ・ウォネ (이원해/李元海) - クォン・オジュン

左捕盗庁部将。武術に優れ、ユンが育てた左捕盗庁自慢の精鋭部隊を率いる。口が寂しいのか、いつも植物のようなものをかじっている。態度は荒っぽいが、現場では部下を率いる冷静なリーダーの顔も見せる。

 

・アン・ノックサ(안녹사/安録事) - ユン・ムンシク

左捕盗庁書記官。武官ばかりの捕盗庁の中で、数少ない文官。職業柄、現場での出番はない。

 

・アン・ビョンテク(안병택/安炳澤) - シン・スンファン

ノックサの息子。チェオクのことが大好きで、いつも追いかけ回している。武術は素人だが、チェオクに近付きたいばかりに武官になると言い出し、周囲の反対を押し切って武官登用の試験を受ける。実技試験の結果はさんざんで、お前のようなやつは今まで見たことがないと呆れられるが、学科試験で高得点をたたき出し、合格してしまう。

 

・チョ・セウク長官(조세욱/趙世旭) - パク・ヨンギュ

捕盗大将。忠義の士であり、王の信頼も厚い。ユンを見込んで左捕盗庁の従事官に抜擢する。誤認逮捕で王の信頼厚いホンドゥを自決に追い込んで王の怒りを買い、ユンと共に死罪を覚悟するが、反乱軍鎮圧の特命を帯びて助命され、命がけで王の期待に応えることを決意する。自らおとりとなって黒幕と会うが、左捕盗庁が探し回ったために疑われて斬られ、瀕死の重傷を負う。復活後はユンに代わって自ら先頭に立ち、逃走するソンベクを追い詰める。

 

・チョ・チオ(조치오/趙治吾)チョ ジェヒョク

右捕盗庁従事官。セウクの息子。若くして従事官に抜擢された優秀な武官だが、保守的で少々厳しすぎるため、あまり人望がなく、父でもある上司のセウク長官からも評価されていない。ホンドゥの自決でセウクとユンが逮捕されたため、自ら志願して左捕盗庁に移り、盗賊団討伐軍を率いるが、父に認められたいという気持ちが強すぎて冷静な判断ができず、敵を執拗に追い回しすぎてソンベクの罠にはまり、壊滅的な大敗北を喫して戦死する。

 

・チョ・ナニ (조난희)チェ ヨンイン

セウクの娘。物静かなお嬢様。父の部下であるユンを慕い、結婚を望んでいるが、同時にユンの気持ちがチェオクのほうに向いていることも、よくわかっている。しかしチェオクとは恋敵というわけではなく、ユンが大切に思っている人ということで、チェオクのことも大切に思っている。

 

・マ・チュクチ (마축지/馬縮地)イ・ムンシク

社会の最下層に生きるこそ泥。驚異的な俊足を生かし、妻にターゲットの注意を向かせ、その間にひったくりをして逃走するのがいつもの手口。チェオクに度々捕まり、更生とチェオクへの忠誠を誓う。左捕盗庁の捜査に協力し、当時獄中にあった盗賊団の一味・カッチュルに近付いて信頼を得、密偵としてチェオクと共に盗賊団に潜入する。功績を認められ、やっと泥棒生活から脱するが、妻を反乱軍に殺される。飲んだくれてくさっているところを、ユンの配慮により、左捕盗庁の兵士に取り立てられる。潜入捜査を終えて敵味方に分かれてからも、カッチュルを「アニキ」と慕っている。

 

・マ・チュクチの妻 (타박녀) - ノ・ヒョンヒ

チュクチの妻。貧しい生活の中、夫と共に泥棒を繰り返す。チュクチが盗賊団に潜入している間は、ウォネと組んでチェオクたちとの連絡係をつとめる。泥棒から足を洗い、チュクチの子を身ごもるが、チュクチが留守の間に反乱軍に誘拐され、チェオクの身代わりとしてソンベクに斬られる。

 

・チェ・ダルピョン(최달평/崔達平) - チョン・ホグン

商人であり、ソンベクらと反乱軍の黒幕をつなぐ役割を果たしている。緻密な戦略で捕盗庁を悩ませるが、目的のためには手段を選ばず、仲間や弱者を見捨てたり、口封じのために殺害したりして、ソンベクらと対立することもある。クーデターに際し、日本人部隊の協力を得ようと、済州島を譲る約束を勝手にしたため、ソンベクと対立し、拘束されるが、軍資金の砂金を持って逃走する。居合わせたチェオクを人質にユンをおびき出し、砂金を人質にソンベクにユンを殺させようとするが、ユンに斬られる。

 

・ノ・ガッチュル (노각출) - クォン・ヨンウン

ソンベクの配下で、盗賊団の一味。一人娘を大変かわいがり、村に帰って娘の顔を見るのを楽しみにしている。逮捕されて獄中にいる間に、口封じのためタルピョンに毒を盛られそうになる。情に厚く、獄中で出会って以来チュクチとは親友で、捕盗庁の手引きで一緒に脱獄する。チェオクにおびき出されてソンベクがピンチに陥ったときには、自ら身を挺してソンベクを守り、倒れる。

 

・トクス - チョン・インテク

ソンベクの配下で、盗賊団の一味。特技は手裏剣。ソンベクの代理として手下を率い、砦を守っている。ソンベクやカッチュルと同様、仲間を大切にしており、危険を冒してカッチュルの遺体を取り返す。

 

・スウォル  イ ジョンマン

山奥の寺に籠っている老齢の僧だが、かつて僧兵を率いた伝説の武術の達人。厳しい修行でチェオクやユンの武術を鍛え、親交のあるセウクにユンを紹介する。医術にも優れ、瀕死の重傷を負ったチェオクやセウクを助け、ユンも困ったときには度々頼りにしている。

 

・チョン・ホンドゥ(정홍두/鄭弘斗)ヒョン・ソク

五軍営の一つ訓錬都監の大将。忠義の士であり、王の危機を救うなど、王からは絶対の信頼を置かれている。ソンベクの罠にはめられ、にせ金づくりの首謀者に仕立て上げられて逮捕されたため、縄目を受ける屈辱に耐え切れず、自殺する。同じ忠義の士として、セウクと親交があるが、他方で同じく王の信頼厚いピルジュンを「影で権力争いばかりしている」と軽蔑し、嫌っている。

 

 

チェオクの剣 韓国ドラマ ネタバレ最終回

ネタバレ前に無料で視聴しちゃう!

ネタバレの前に、ドラマの雰囲気や無料視聴したいなら無料視聴ができる「U─NEXT」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。

⇒「チェオクの剣」を無料視聴はこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレ最終回はここから

舞台は1692年の朝鮮王朝時代、都の漢城(ハンソン)。

捕盗庁(ポドチョン:当時の警察)は管轄別に左捕盗庁と右捕盗庁に分かれていた。

左捕盗庁で茶母(タモ)として働きながら、その聡明さと優れた武術を生かし、犯罪捜査の第一線で活躍する一人の女性チェオク。

上司であるファンボ・ユン従事官(チョンサグァン)とは、兄妹同然に育った仲だった。

幼い頃、チェオクの父チャン・イルスンは謀反の罪にとわれ、兄と逃げたがその後離ればなれに。

身分を官婢に落とされたチェオクは、ユンの家で仕えることになったのだった。身分の差ゆえ、ユンへの想いを胸の奥に秘めるチェオク。

そんなある日、世の中を変えようと改革を目指す自由奔放な男ソンベクに出会い、チェオクの運命はまたも嵐のごとく吹き荒れる。

 

チェオクの剣 韓国ドラマ 感想

アンニョン ハセヨ~
ワイヤーアクションの多用で、最初大丈夫かな?
やっぱちょっと人間離れしすぎちゃってて…
でもそれを忘れさせる俳優陣の熱演ぶり!!このドラマは名作です!!
もしまだ見ていない方がいらっしゃったら是非ご覧下さい。
イ・ソジン氏は時代劇が似合う男です!
日本の時代劇は見なかったのに、 韓国の史劇は大好きです♪
今は韓国ドラマしか見ていないから、 日本のTV番組一切分からない
世間から取り残されている気がする。

 

 

チェオクの剣 韓国ドラマを無料視聴する方法

「U─NEXT」は韓国ドラマに強く、多くのドラマが見れます。

下記リンクから「無料トライアル」をしていただけると、すぐにでもスマホやPCからドラマを見ることができます!!

⇒「チェオクの剣」の無料視聴はこちら♪

 

300名限定!韓国女優のような美貌を手に入れよう♪
美容成分の「コラーゲン」「プラセンタ」「セラミド」で
ダイエット、お肌のケアにも役立ち、普通に美味しい!!

 

 

 

 

www.xn--l8j1bc5qvlge4c5402b0ha777l2f3crvyd.com

 

 

kankoku6-osusume.seesaa.net